Aspire AVP CUBEをガチレビュー!コイルを使い分けできる本格派POD

どうも、ベイプ調査団のひさまるです!

最近のベイプ市場は、新商品のどれもがPOD型ですよね。
たしかにPOD型はメンテナンスも少なく、使いやすいのは事実です。

しかし僕のように、「たまにはパーツにもこだわりてぇ!」と思う人も少なくないんじゃないでしょうか?

そこで今回は、Aspire(アスパイア)社が出したAVP CUBE(エーブイピー・キューブ)を紹介します!

AVP CUBE(エーブイピー・キューブ)

こちらは2種のコイルを使い分けたり、4段階のドロー調整ができたりなど・・アレンジをつけたベイピングが可能な本格派PODです。

もちろん2種のコイルは付属品としてあるので、家でかんたんに様々な吸いごたえを楽しむことができました!

というわけで、手軽にこだわれるベイプ「AVP CUBE」をガチレビューしていきます!

Aspire AVP CUBEとは?外観や付属品を紹介!

Aspire AVP CUBEとは?外観や付属品を紹介!

AVP CUBE(エーブイピー・キューブ)は、大手企業のAspire(アスパイア)社が製作したPOD型ベイプです。カラーも7色あり、外観からこだわりを見せているのは明らかですね。

Aspire社は、2013年に設立されたブランドです。

 

品質が高いことから人気を獲得しており、今までにminican+Favostixといった人気製品を生み出しています。

MEMO
6つの研究所を使い、200人以上の研究者を集めて開発を行っているそうです。また海外のデザイナーも招集しているので、見た目もかなり良い作品ばかりですよ。

なおAVP CUBEを紹介した公式サイトでは、下記のような表記がありました。

 

aspire AVP CUBEの公式サイト

 

「Simple use, incredible performance」

 

直訳すると「シンプルな使い心地ながら、信じられないパフォーマンス」。

 

まぁ胡散臭い言葉ですが、、正直この言葉に似合うほどスペックはかなり高い製品でした。ということで、実際にAVP CUBEの詳細を紹介していきますね!

サイズ 縦110× 横22× 厚み22mm
バッテリー 1300mAh
出力ワット数 10〜18W
抵抗値 0.65Ω/1.15Ω
重量 64g
リキッド容量 3.5ml
カラー 7色

ベイプ本体はステンレス製となっており、ツルツルとした触り心地の良い材質です。

AVP CUBEのディティール

なお本格派PODということもあり、サイズと重量感は若干大きめな印象です。

AVP CUBE(エーブイピー・キューブ)のサイズ感

ひさまる

とはいえ特別に重いわけではないので、不満は感じませんでした!

ちなみに重量が重い理由は、バッテリーです。

AVB CUBEのバッテリー

上記のとおり、1300mAhのバッテリーが内蔵されています。なので1日中使っても充電が切れることはありませんでした。

というわけで、付属品も見てみます。

AVP CUBEの付属品一覧

AVP CUBEの内容品一覧

・ベイプ本体
・PODタンク
・コイル2つ
・充電コード
・説明書

POD型では珍しい、タンクとコイルが切り離されている製品です。

AVB CUBEのタンクとProコイル

ということでまずは、タンクをじっくり見てみましょう。

AVB CUBEのタンク

AVB CUBEのタンク

裏面に、リキッドの注入口があります。

AVB CUBEのリキッド注入口

ひさまる

注入口のふたはゴムプラグなので、密着性が高い作りです。なので液漏れの心配もありませんね!

またタンクとコイルが分かれているため、タンク単体を洗浄することも可能です。

AVB CUBEのリキッドタンク

では次に、コイルを見てみましょう。

AVB CUBEのAVP Proコイル

AVP CUBEには、2種のコイルが用意されています。

AVP CUBEに付属のコイル

・1.15Ω ワイヤーコイル(左)

・0.65Ω メッシュコイル(右)

後にも詳細はお伝えしますが、抵抗値が異なる2種のコイルがあるため、吸い心地にアクセントを付けられます。

なので​​DL用はメッシュ、MTL用はワイヤーとして使用する人も多いようです。

MEMO
DL(Direct Lung)とは直接肺に入れる吸い方、MTL(Mouth To Lung)とは、口に煙をステイさせてから肺に入れる、通称タバコ吸いとも言われる吸い方を表しています。

なお価格(3,580円)が若干高いと感じる人もいるかもしれませんが、このスペックなら試す価値はありますよ。というか、大ありですよ!

後のAVP CUBEをガチレビュー!の項目でもお伝えしますが、そこらの安さだけを売りにしてるベイプの10倍は買った価値があると感じてます。

ボタン

AVP CUBEの使い方をチェック!

使い方も非常に簡単です。
家に届いたら、下記を参考に使ってみてください!

STEP.1
コイルをタンクにセット

AVB CUBEの使い方:タンクとコイル

まずは、コイルをタンクにセットします。

AVB CUBEの使い方:コイル接着

そして上記のように、カチッとハマる感覚があれば、セットは完了です。

STEP.2
リキッドを注入

リキッド注入

次に、リキッドを注入していきましょう。

なお下記の白点を目安に、最低限の量は入れておくことをおすすめします。

注入するリキッドの目安量

というのも、あまりにもリキッドの量が少ないと、コイル内のコットンが空焚きをされて焦げた匂いが発生してしまうからです。(地味ですが、注意ポイントです!)

STEP.3
ボタンを押しながら吸う

AVB CUBEの使い方:ボタン操作

あとはボタン操作で、ミストを楽しみましょう。

なおボタン操作の詳細は、下記のとおりです。

・5回押す:電源ON&OFF
・2回押す:出力変更

POD型ベイプによくある、オートパフ機能はありません。

やはり本格派だけにあって、オーソドックスなベイプですね。

補足
充電方法

AVB CUBEの充電方法:パソコン編

AVB CUBEの充電方法:ACアダプタ編

充電は、付属のUSBコードで行えます。なのでパソコンや、iPhoneユーザーならACアダプタを利用して充電できますよ。

ボタン

Aspire AVP CUBEをガチレビュー!

ここからは、AVP CUBE(エーブイピー・キューブ)の特徴を紹介していきます。

AVP CUBEの特徴
  1. 出力を4段階で調整可能
  2. ドローも4段階で調節可能
  3. 2種のコイルを使い分けできる
  4. プルームテックのたばこカプセルにも対応

①:出力を4段階で調整可能

AVP CUBEの出力W数設定

AVP CUBEは、出力W数を4段階に調整することが可能です。

出力W数と色の関係

・赤:10W
・青:12W
・緑:14W
・白:16W

なのでミスト量を多くして、ガンガン行こうぜ!並みに吸いたいときは白設定で決まりですね。

ひさまる

逆に軽く吸いたい時は赤設定にしておけばいいので、その日の気分に合わせて出力W数を変えられるのはうれしいです!
注意
出力設定を変更できるのは、コイルの抵抗値が1.0Ω以上の場合のみです。つまり付属の0.65Ωのコイルを使用した時は、バイパス機能(自動出力)になります。

※バイパス機能では、バッテリーの残量に合わせて15W〜18Wに調整されます。

②:ドローを4段階に調節可能

AVP CUBEのドロー調整

ドロー(吸いごたえ)も調整が可能です。AVP CUBEには下記のとおり、4パターンのエアフローが用意されています。

AVP CUBEのエアフロー

AVP CUBEのエアフロー

そしてタンクには凹み(くぼみ)が1つあるので、その部分を四つ角好きなところにセットすればOKです。

タンクの凹み

エアフローの使い方

なおエアフローが少ないほど、吸いごたえはキツくなります。つまり、凝縮されたミストが出てくるということですね。

ひさまる

特にエアフロー0の状態はすごいですよ!
僕も初めて吸った時は、思わずむせてしまったほどですので。笑

なので、もっと吸いごたえがあるベイプが欲しいよな・・って思ってた人にはぜひおすすめしたいです。

マジで、強烈な吸いごたえを味わえますよ!

③:2種のコイルを使い分けできる

AVP CUBEのProコイル

何度かお話ししましたが、AVP CUBEには2種のAVP Proコイルが付属しています。

2種のAVP Pro コイル

・1.15Ω ワイヤーコイル
・0.65Ω メッシュコイル

なお抵抗値の違いは、下記のとおりです。

MEMO
抵抗値が高いコイル→煙量が少なく、味が濃い
抵抗値が低いコイル→煙量が多く、味が薄い

上記のとおりで、抵抗値が変わると味わいや吸い心地に変化が表れます。

ひさまる

なので今まで、「コイルを気にかけたことがなかった・・」という方には面白いデバイスだと思いますよ。

オールインワン型のPODは、良くも悪くもアレンジが効きません。つまり変化がないので遊び心は0ということ。しかしAVP CUBEは下記のとおり、パーツの付け替えが可能です。

AVP CUBEのタンクとドリップチップとProコイル

つまり自分なりのカスタマイズができるので、「もうちょっと強く(弱く)したい・・」という変化をその場で付けられます。なので満足度を追求したい方には、ジャストミートするはずです!

④:プルームテックのたばこカプセルにも対応

プルームテック対応のAVP CUBE

AVP CUBEは、たばこカプセルにも対応しています。

MEMO
たばこカプセルとは、JT(日本たばこ協会)が販売するプルームテック(アイコス的なもの)専用のカートリッジであり、カプセル内に本物のたばこ葉が入っています。

つまりベイプを使いながらも、一応たばこも吸える仕様です。

なのではっきり言って、他のPODデバイスとは応用力の幅が違います。かなりマルチに働いてくれますので、僕としては1軍確定ですね。

注意
たばこカプセルを使用する際は、1.15Ωのコイルを使いましょう。
0.65Ωのコイルだと、カプセルが溶ける可能性があります。

ボタン

Aspire AVP CUBEのリアルな口コミ評判や総評

ではここから、僕以外のリアルな口コミ評価も見ていきます。

なおステマ臭い口コミは除外しておいたので、参考になれば幸いです!

AVP CUBEの口コミ評判

禁煙からの流れでMTL派です。Uwell Yearn+タバコ味リキッドで満足していました。ZQ Xtalは私にはドロー軽すぎ。AVP CUBEはドローがよい感じです。とりあえず1.15Ωコイル14Wでタバコ味リキッドにメンソールを足して吸っていますが、Yearnよりはっきり味が出ます。製品の作りもしっかりしている印象。今のところ液漏れはなし。

楽天市場ー2021-03-10

手にしっくりなじむ小型のボディーに、4段階のエアフロ―とワット調整機能も備わっており、好みの
喫味で楽しむことが出来ます。バニラタバコ系のリキッドの味も良く出ていて満足しています。
今のところ特に欠点は見当たらず、コスパも良くお気に入りです。

Amazonー2021年1月25日に日本でレビュー済み

MTLに最適だと感じて購入。
思いの外ドローがしっかり重くなるので、タバコから切り替える人にも最適だと思います。特に重いタバコ吸っている人ほどこれを勧めたい。
bpコイルなので、味もしっかり出るので文句無し。
軽いのも小さいのも、カラー豊富なのも、全て素晴らしい。
最近のAspire製品は外れないですね!

楽天市場ー2021-03-09

調査団の総評

僕ら調査団の感想も、1つの参考にどうぞ!

御影丸

POD型の中ではハイスペックな製品だと感じました。まずコイルを付け替えられることが良いですよね。0.65Ωなら爆煙を楽しめますし、1.15Ωならより濃い味わいが出ます。だから、飽きることがないんですよ
ぶっちゃけ毎日同じコイルで、同じリキッドを吸っていると、やっぱり飽きます。なので「飽き」の観点で見ると、AVP CUBEはわりと新鮮な吸い心地を毎日楽しめるので良いかなぁと思いますよ。小型のPODに比べると若干の重量感はありますが、それ以上に満足度が高いのでその点で悩むこともありませんでした!

ジュネス

PODタイプのベイプ(特に小さいやつ)は、サブ機として使われがちですよね。しかしCUBEは、普段使いにも十分適しているスペックです。個人的には吸いごたえの部分にハマっており、これは小型PODでは出せないクオリティですね。特にエアフロー0で出力全開の状態だと、むせてしまうほどのレベルです。笑
最近はコンパクトを売りに小型デバイスがどんどんリリースされていますが、スペックという重要な部分を見れば、小型よりも優秀なのは明らかだと思います。「吸いごたえ・味の出方・カスタマイズ性」の3点が特に目立っている機種なので、使う価値はかなりあると思いますよ!

ボンビー

いろんなレビューでも書かれていますが、やはり「吸いごたえ」の部分を僕も強調しておきたいです。元たばこユーザーの僕でも、たばこに近い吸いごたえを感じておりまして、これはかなりの掘り出し物だと思います。まぁこういったことを書くと「本当か??嘘くさいな」と疑われがちなのですが、、試してみてください。あなたがたばこユーザーなら、「たしかにこれは・・」と納得できる逸材ですので。
あと、たばこカプセル対応なのも良いですよね。コンビニで買えるカプセルさえ買えば、たまにたばこを吸うこともできますので、たばこユーザーの方でも満足できる一品だと断言しておきます!

ボタン

Aspire AVP CUBEによくある疑問

最後に、下記4つのよくある疑問にお答えして終わります。

AVP CUBEによくある疑問
  1. タンクは洗浄できる?
  2. リキッドが漏れることはない?
  3. 交換の際はコイルだけでOK?
  4. お得に買えるセットはある?
  5. おすすめの購入場所は?

①:タンクは洗浄できる?

洗浄できます。

コイルを外し、空の状態にすれば水洗いが可能ですよ。なので他のリキッドを使いたい時はサクッと洗っておくと味が混ざらないので良いですね。

ちなみにドリップチップも、取り外しが可能です。

タンクとドリップチップ

MEMO
ドリップチップは510規格のため、同じ規格なら取り替えることもできます。

②:リキッドが漏れることはない?

現在使い始めて2週間ほどが経ちましたが、漏れはありません。

なのでリキッドで手がベタつく・・なんて心配はないかなぁと思います。

注意
とはいえ2〜3ヶ月も同じコイルを使っていると、リキッド注入口に接しているゴムプラグ部分がへたる可能性はありますので、ヘビーユーザーなら1ヶ月に1回のコイル交換はしておきましょう。

③:交換の際はコイルだけでOK?

基本はコイルだけでOKです。

タンクとドリップチップは洗浄が可能なので、買い換える必要はないかなぁと思います。

ひさまる

しかしコイルは、あくまで消耗品なので焦げ臭い香りが出てきたら取り替えておくのがベストですね!

ちなみにAVP Proコイルは、1.15Ω・0.65Ωそれぞれ単体で販売されています。どちらも5個入り1,579円で販売されており、気に入った方だけを買い直すこともありですね。

詳細は下記の販売ページにありますので、参考にしてみてください。

>>

④:お得に買えるセットはある?

AVP CUBEのリキッド付きセット

あります。具体的にはリキッドドリップチップベイプケースがセットになった商品ですね。

セット内容

・AVP CUBE(3,580円)
・りきっどや(880円)
・ドリップチップ(1,304円)
・専用ケース(509円)

セット価格:4,680円

上記のとおり、ばらばらで買うより1,593円お得になっています。

本体(3,580円)に1,100円プラスすればもらえるので、リキッド等も合わせて買っておきたい人にはおすすめです。

ボタン

⑤:おすすめの購入場所は?

強いて言うなら、「べプログショップ」です。

というのも、先ほど紹介したお得セットもべプログショップが提供している品であり、何よりベイプ専門店という安心さがあります。

ひさまる

実はAmazonや楽天でも購入をしたことはあったのですが、箱が少しつぶれていた、初期不良の対応が悪い・・といった経験をしています。

なので僕は、基本Amazon等を使うことはもうありません。

その点べプログショップでは丁寧な発送でしたし、30日間の本体保証も付いていたのでどうせ同じ金額を払うならべプログでいいよなという印象なわけです。

ひさまる

やっぱりネットでものを買うなら、専門店の方が良いですよ!

というわけで、いらない失敗をしたくない方はべプログを利用してみてください。購入方法もここでシェアしておきます。

STEP.1
べプログにアクセス

AVP CUBEの販売ページ

まずはべプログの販売ページにアクセスします。

>>販売ページにアクセスする

STEP.1-補足
オリジナルセットあり

AVP CUBEのオリジナルセット

先ほど紹介した、りきっどやのリキッドが一緒になったセットも販売されています。

>>セットページにアクセスする

STEP.1-追記
交換用PODはこちらから

AVP Proコイルの販売ページ

交換用PODの販売ページも貼っておきます。

STEP.2
カラー等を選択

オリジナルセットの詳細

※リキッド&ケースセットを例に進めていきます。

販売ページの下部にカラー等を選ぶ項目があります。

なので、本体のカラーとリキッドのフレーバーを選択しましょう。

STEP.3
レジに進む

レジへ進む

「レジに進む」を選択します。

なおAmazonアカウントがある方は、AmazonPayを利用することをおすすめしますよ。

Amazonで登録されている住所とクレカ情報を使用できるので、入力する手間(下記のSTEP4〜6)が省けます。

STEP.4
ゲスト購入を選択

ゲスト購入

会員登録はどちらでもOKです。

面倒なら、ゲスト購入を選択しましょう。

STEP.5
住所等の情報を入力

住所入力

ここで、名前や住所等を入力します。

STEP.6
お届け日・支払い方法の指定

AVP CUBE ご注文手続き

ご注文手続きの画面に移ると、配送日時や支払い方法の選択が始まります。

日時指定

また、支払いには下記5種が使用可能でした。

お支払い方法

そして入力が終われば、赤ボタンの「確認する」を選択しましょう。

STEP.7
注文を確定

注文画面

最後に「注文する」を選択して終了です。

なお支払い方法によっては、もう少しアクションを求められることもあります。(例えばPaypayだとQRコード認証など)

ここは、それぞれ指示されたとおりに行えば問題はありません。

まとめ:Aspire AVP CUBEは本格的な吸いごたえを味わえる良質デバイス!

まとめ:Aspire AVP CUBEは本格的な吸いごたえを味わえる良質デバイス!

というわけで、AVP CUBEのレビューをしてきました。

やはり、吸いごたえを幅広くアレンジできるので、飽きることがないデバイスです。

なので「POD型含め、定番と言われる電子タバコは使ってきたけど、アクセントがある機種を使いたい!」と考えている方は試す価値ありですよ!

PODの次元を超えた味わい」というキャッチコピーどおり、味と特に吸いごたえにフォーカスされた良きデバイスです!

ひさまる

ということで以上、ベイプ調査団のひさまるでした!

良いベイプライフを!

ボタン

ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA