Aspire Minican+をガチレビュー!小型ながら爆煙を楽しめる優秀デバイス

Aspire Minican+をガチレビュー!小型ながら爆煙を楽しめる優秀デバイス

どうも、ベイプ調査団のひさまるです!

ベイプには様々な形のデバイスが用意されていますが、、どれもタバコより大きく、収納性の悪さに困っている人は多いかと思います。

そこで今回は、100円ライターのサイズ感に仕上げてきた、Aspire(アスパイア)社のminican+(ミニカン プラス)を紹介します!

Aspire(アスパイア)社のminican+(ミニカン プラス)

前作のminican(ミニカン)にあった欠点をカバーして、大きくリニューアルされた製品です。
>>前作|minicanとの違いを先にチェックする

それでも魅力であった低価格はそのままでの再登場なので、コスパ好きの僕からするとたまらないベイプでした!

しかし「小さくて安い」だけではありませんよ。肝心のスペックも実は高く、まさに小さな巨人です!

ということで本記事では、minican+(ミニカン プラス)をガチレビューしていきます!

ボタン 購入方法

Aspire minican+とは?外観や付属品を紹介!

Aspire Minican+(ミニカン プラス)とは?外観や付属品を紹介!

minican+(ミニカン プラス)は、ベイプ界の大手「Aspire社」が開発した超小型のPOD型ベイプです。

サイズ 縦75× 横40× 厚み15.8mm
バッテリー 850mAh
出力電圧 3.7V
抵抗値 0.8Ω
重量 40.9g
リキッド容量 3.0ml
カラー 5色

そして冒頭でも触れましたが、100円ライターとサイズ感は変わりません。

100円ライターと同サイズのMinicanプラス

手のひらに収まるコンパクト感が良いです。

手のひらサイズのMinicanプラス

またベイプには珍しいスケルトンボディを採用しており、中の構造が見えるのは新鮮ですね。

スケルトンボディ採用のMinicanプラス

ひさまる

個人的には、このメカニック感がたまりません!

そして、付属品は下記の5つでした。

Minicanプラスの付属品

minican+の内容品

・ベイプ本体
・POD1つ
・ストラップ
・USBコード
・説明書

PODは1つだけ付属しており、こちらも中身が見える透明な容器です。

Minicanプラスの付属POD

ひさまる

リキッドの残量がすぐ確認できるので、透明型のPODはストレスが溜まりません!

またPODのリキッド注入口はゴム式になっているため密着性が高く、リキッドが漏れる心配はいらない構造になっています。

Minicanプラスのゴムプラグ

MEMO
POD型のため、コイル等はすべて一体です。なのでメンテナンス等はなく、交換の際はPODの付け替えのみで済む便利なデバイスです。

あと、首にかけるようのストラップも付いていました。首にかけて携帯したい方には嬉しいアクセサリですね。

Minicanプラスのストラップ

それでは次に、前作minican(ミニカン)との違いも確認してみましょう。

前作「minican」との違い

minican plus(ミニカンプラス)とminican(ミニカン)の違い

まず、下記の表を元に違いを見てみます。

minican+ minican
サイズ 縦75× 横40× 厚み15.8mm 縦65× 横28× 厚み15.5mm
重量 40.9g 24.8g
バッテリー 850mAh 350mAh
PODの抵抗値 0.8Ω 1.2Ω
PODの容量 3.0ml 2.0ml

大きく変わったのは、「重量」と「バッテリー容量」でしょう。minican+は、前作よりもフォルムが多少ゴツくなったイメージです。

とはいえサイズ感は1cmほどの変化なので、minicanの強みであるコンパクトさはそのまま受け継ぎつつ、バッテリーを2倍以上に仕立ててきました。

ひさまる

ちなみに両者の値段は同じ(1,980円)です。なのでぶっちゃけ、前作を買うメリットはあまりないかな・・と感じます。

またPODの抵抗数(Ω)も、1.2Ω→0.8Ωに変更されました。そのおかげでミスト量がかなり出る機種となり、まさかの爆煙を楽しめるデバイスへと進化を遂げています!

MEMO
minican製のPODは互換性があります。なので前作のPODを使用することも可能です。

minican+の使い方をチェック!

ということで、使い方もチェックしておきましょう。

STEP.1
リキッドを注入

Minicanプラス PODのふた

MinicanプラスのPODにリキッド注入

まずはリキッドを注入します。今回は、べプログさんが販売していたお得セットのりきっどやを使用しますね。

そしてPOD裏側のゴムプラグを開けて、最低でも3割以上は入れておきましょう(じゃないとPOD内のコットンが焦げる可能性があります。)

STEP.2
本体に装着

Minicanプラス マグネット式

minican+は、マグネット式です。なので本体に近づけると、勝手にフィットしてくれます。

このおかげで熱がうまく伝わらない・・なんてことはありませんよ。便利ですね。

STEP.3
あとは吸うだけ

Minicanプラスの使い方(吸い方)

あとは吸うだけです。

なおminican+にはボタンがなく、オートパフ機能オンリーです。つまり吸えば自動で電源が付く仕組みになっており、本当に操作性はありません。

なので本当に楽。ボタン押しながらって、ちょっとダルイですからね。笑

補足
充電方法

minicanプラスの充電方法:パソコン

minicanプラスの充電方法:ACアダプタ

充電は、付属のUSBコードで行えます。

バッテリーが850mAhもあるので、0→100にするには1時間ほどかかりました。なので、仕事中などに充電しておいてあげるとGOODです。

結論として、コンパクト系ベイプの中では1.2を争う製品ではないでしょうか。

「安かろう悪かろう」の商品ではなかったため、気になっているのなら使うことをおすすめします。次にminican+の特徴もレビューしていきますが、満足度はかなり高めですよ!

ボタン

Aspire minican+をガチレビュー!

ここからは、Aspire minican+(ミニカン プラス)の特徴を紹介していきます。

minican+の特徴
  1. ミストは思った以上に出る
  2. メッシュコイルが搭載
  3. 充電残量は分からない

①:ミストは思った以上に出る

ミスト量には驚きました。この機種、想像していた1.5倍はミストが出ます。笑

Minican plus(ミニカン プラス)のミスト量

上記のようなイメージ画像って、どの販売ページにもありがちじゃないですか。僕も最初はあまり信じていなかったのですが、本当にこれくらいのミストが出ます。

そして味もしっかりと出る機種なので、香りを楽しみたい方には持ってこいだと思いますよ。

ひさまる

ちなみに僕は、べプログが販売していたお得セットを購入して、下記のりきっどやのみかん極を使用しました。

Minicanプラスのセット品:りきっどやのリキッド

これはりきっどやのレビューにもなりますが、、マジでみかんです。笑
minican+がしっかりと味を出してくれることも相まって、個人的にはかなり満足できているセットでした!

なので、僕としてはMTLの使い方が適していると思います。

MEMO
MTLとは、Mouth To Lung(口から肺へ)の略語で、ベイプの吸い方を表している言葉です。「タバコ吸い」とも呼ばれており、DL(Direct Lung)と違って、味や香りを楽しむ吸い方をするときに適しています。

つまり爆煙と香りを楽しめるのが、minican+の大きな魅力です。

②:0.8Ωのメッシュコイルが搭載

前作minicanとの違いでも触れましたが、メッシュコイルの抵抗値が0.8Ωに変更されました。そのおかげで爆煙が実現した形です。

MEMO
メッシュコイルとは、抵抗数が一般より低いコイルです。minican+では前作が1.2Ω、そして今回は0.8Ωです。

ひさまる

なお一般的に、抵抗値が下がると爆煙寄りになる一方、味が薄くなると言われています。しかし個人的には、味が薄くなった印象はありません。

いくつかのレビューも見ましたが、「味わい重視でグレードアップされたよね」といった声が多く、ここに大手Aspire(アスパイア)の技術が隠されているのかな、と思います。

なお下記のとおり、0.8Ω・1.0Ω・1.2Ωの交換用PODも販売されています。

minican POD(カートリッジ)0,8Ω

minican POD(カートリッジ)1.0Ω

minican POD(カートリッジ)1.2Ω

付属PODは0.8Ωの1つになるため、味変枠としてどれかをまとめ買いしておくのもありだと思いますよ。

>>交換用PODの販売ページはこちらから

③:充電残量は分からない

ベタ褒めしてきましたが、やはり弱点もありました・・

厳密には充電が残りわずかになると、下記のLEDランプが10回チカチカと点灯する機能は付いています。

minicanプラスの充電残量を表すLEDランプ

しかし「青ランプなら60%以下・赤ランプなら30%以下〜〜」といったギミックはありませんので、この1点だけが少し不便ですね。

とはいえ850mAhという大容量バッテリーで、さらにここまでのミニマムさを出しているため、この程度のデメリットは認めてあげてもいいかなと思います。

ひさまる

逆にデメリットはこれくらいでしたので、優秀なベイプですよ!

ボタン

Aspire minican+の口コミ評判と総評

ここからは、僕以外のリアルな口コミや評判を確認していきます。

minican+の口コミ評判

購入者の口コミをピックアップしてきました。なおステマ臭いレビューは排除したので、参考になれば幸いです!

初代のミニカンも良かったんですが、すごくいいですね。味も良くてバッテリーも長持ちで何よりストラップが付けれるのは助かります。
サブ機にするのはもったいないぐらいお気に入りです。

楽天市場ー2021-07-20

VAPE歴も知識も浅いのでレビューでお役に立てるかわかりませんが…駄文失礼します。XTALが壊れてしまったので買い替えました。結論から言いますと大満足です。低価格で味も美味しくPOD容量も多く充電も長持ちでいい意味でシンプル。初心者の私にはもってこいのデバイスとなりました。予備を買っておこうかと思案中です。

楽天市場ー2021-08-07

焦げた匂いしかしないというレビューがありますが、そんなことはありませんし普通に使えます。
リキッドを十分に入れることがコツで、あふれるほど入れても問題ありません。
PODを外せばわかるのですが丸い穴があります。これが確実にリキッドで使っていればOK。最初は10分以上つけておくことが必要です。
これをしないから空焚きになって焦げ臭い匂いがするはずです。

Amazonー2021年3月17日に日本でレビュー済み

ひさまる

3つ目のレビューはかなり重要なので、深堀りしておきますね。

これベイプ初心者あるあるなのですが、リキッドを入れて速攻で吸うのは止めておきましょう。

というのも、リキッドを入れた直後はまだコットン(綿)に上手く浸透しておらず、その状態で加熱すると空焚きをして焦げが出てしまうからです。

なのでリキッドを入れてから最低でも5分くらいは放置してください。それから吸えば、濃い味わいを楽しめますよ!

ボタン

ベイプ調査団の総評

僕ら調査団の意見も、1つの参考にどうぞ!

ボンビー

小型のくせに、かなり煙量が出るタイプで驚きました。笑
あと味ですね。タイトな味わいを楽しめましたし、前作のminicanとはスペックが全く違います。mincan+のレビューはみんな、コンパクトさに焦点を当てていますが、個人的にはもっとスペックにも注目して欲しいところ。「小さな巨人」という言葉が似合うaspireの傑作だと思います!

御影丸

小型機の中ではTOPクラスに優れてますね!まず気に入ったのが、バッテリー容量です。前作は350mAhしかなく、電源が切れることが頻繁にありました。しかし今回は850mAh。途中で電源が切れる・・なんてことはなくなりました!
正直多くのコンパクト機は、値段を売りにする代わりにバッテリー容量が少なすぎるという欠点があります。そんな中でミニカンは、850mAhのモデルを出してくれたので、やっと不満なくコンパクト機を使えそうです!

ジュネス

優秀なサブ機を探していた僕にとって、ありがたいデバイスでした。他にも3つほど小型のPOD型ベイプを試してきましたが、今のところはミニカンプラスが1番使い心地が良いですね。
こんなことを言うと元も子もありませんが、価格はかなり安い製品なので、とりあえず使ってみることをおすすめしますよ。好みは人によって分かれますが、このベイプを使って「ハズレを引いた!」とはまず思わないはずです。それくらい、安定感が抜群の機種でした。まとまりのないコメントになりましたが、とりあえず使い勝手が良い製品を探しているなら、ミニカンプラスで間違いありません!

Aspire minican+によくある疑問

最後に、下記3つの疑問にお答えして終わりにします。

minican+によくある質問
  1. POD(カートリッジ)の交換時期は?
  2. お得に買えるセットはある?
  3. おすすめの購入場所は?

①:POD(カートリッジ)の交換時期は?

個人差はありますが、だいたい2週間〜1ヶ月です。

なので、先ほども触れた下記の交換用PODをまとめ買いしておくのも得策かなと思います。

minican POD(カートリッジ)0,8Ω

minican POD(カートリッジ)1.0Ω

minican POD(カートリッジ)1.2Ω

ちなみに上記はそれぞれ、2個入りで880円です。

比較的安い金額ではあるので、まとめ買いも1つの視野に入れておくと良いでしょう。

②:お得に買えるセットはある?

記事中では何度か話しましたが、べプログショップでは”りきっどや”のリキッドが付いたセットも販売されています。

minican plusのリキッドセット

上記のセットでは、minican+(1,980円)に500円追加することで880円のりきっどやが購入できます。

ちなみにりきっどやのフレーバーは、下記の5つです。

選べるりきっどやのフレーバー

・もも極
・みかん極
・メロン極
・青リンゴ極
・マスカット極

りきっどやはTHE・定番リキッドなので、手元に何もない方やそろそろ違う味わいを試したい方はこちらのセットがお得だと思いますよ。

③:おすすめの購入場所は?

Amazonや楽天もありですが、、やはりべプログですかね。

というのもセット販売も行っていますし、Amazonや楽天でたまにある雑な包装がまずないからです。

ひさまる

実は僕も、Amazon等を利用して箱がへこんだ状態で送られたり、初期不良の際の対応がなかったりなどの経験があります・・笑

値段も同じなので、どうせ購入するなら「30日本体保証」などのカスタマーサービスが優れたべプログショップで購入することをおすすめしますよ。

ということで、べプログでの購入方法もシェアしておきます。

STEP.1
べプログにアクセス

Minicanプラスの販売ページ

まずはべプログの販売ページにアクセスします。

>>販売ページにアクセスする

STEP.1-補足
リキッドセットあり

minicanプラス リキッドセット

先ほど紹介した、りきっどやのリキッドが一緒になったセットも販売されています。

>>セットページにアクセスする

STEP.1-追記
交換用PODはこちらから

minicanプラス 交換用POD

交換用PODの販売ページも貼っておきます。

ちなみに3,000円以上なら送料が無料になるので、交換用POD(880円)をまとめ買いすれば、送料(500円)は消えますよ!

STEP.2
カラー等を選択

カラー等を選択

販売ページ下部に、カラー等を選択する箇所があります。

なのでまずは、本体のカラーとリキッドのフレーバーを選択しましょう。

STEP.3
レジに進む

minicanプラス:レジに進む

「レジに進む」を選択します。

なおAmazonアカウントがある方は、AmazonPayを利用することをおすすめしますよ。

Amazonで登録されている住所とクレカ情報をそのまま使用できるので、入力する手間(下記のSTEP4〜6)が省けます。

STEP.4
ゲスト購入を選択

ログイン設定

会員登録はどちらでもOKです。

面倒なら、ゲスト購入を選択しましょう。

STEP.5
住所等の情報を入力

配達先の住所入力

ここで、名前や住所等を入力します。

STEP.6
お届け日・支払い方法の指定

ご注文手続き

ご注文手続きの画面に移ると、配送日時や支払い方法の選択が始まります。

日時指定

また、支払いには下記5種が使用可能でした。

お支払い方法

そして入力が終われば、赤ボタンの「確認する」を選択しましょう。

STEP.7
注文を確定

注文画面

最後に「注文する」を選択して終了です。

なお支払い方法によっては、もう少しアクションを求められることもあります。(例えばPaypayだとQRコード認証、クレカなら番号を。)

ここは、それぞれ指示されたとおりに行えば問題はありません。

まとめ:Aspire minican+はミニマムながら爆煙を楽しめるデバイス!

まとめ:Aspire minican+はミニマムながら爆煙を楽しめるデバイス!

ということで、本記事ではAspire(アスパイア)社のminican+(ミニカン プラス)をレビューしました。

小さいだけが取り柄ではなく、メッシュコイルが採用されたことによる爆煙や味わいも重視されています

これはかなりの当たり商品なので、興味があるならぜひ試してみてください!

ちなみに売り切れ状態もたまに発生していたので、在庫があるうちに好みのカラーをGETすることをおすすめします!

ひさまる

というわけで、以上ベイプ調査団のひさまるでした!

ボタン 単品

ボタン セット

2 COMMENTS

あああ

Amazonの評価で、熱すぎて吸えないと書いている人がいたのですが本当に熱いですか?吸い方の問題ですか?

返信する
ひさまる

あああさん、こんにちは!
Vapeですので多少の熱さはありますが、「熱すぎて吸えない!」とは感じませんでした。

おそらく熱く感じる原因は、吸い方(咥え方)だと思います。
Minican+は吸い口が横長のVapeですので、先端だけを咥えて吸うと、確かに少し熱いな・・と感じました。
なので深めに咥えて吸えば、不満を感じることはまずないと思いますよ!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA