INNOKIN GLIM PODをレビュー!カンタン操作&スリムボディで使い勝手のよいPODデバイス【激安コスパ】

INNOKIN GLIM POD(いのキングリムポッド)の本体とパッケージ

INNOKIN GLIM POD(イノキン グリム ポッド)の特徴は、リキッドを注入するだけで吸える手軽な「POD型VAPE」であること。

ボタン操作の必要すらなく、ただ吸うだけで電源が入るため、初心者層やサブで手軽なVAPEを求める方に人気です。

また本体が非常にスリム&コンパクトであり、フォルムにこだわりたい人にもピッタリの一品です。

ただし注意点も1つあって、それは「PODカートリッジが1種類しかない」こと。実際に使いながら解説するので、最後までご覧ください。

INNOKIN GLIM POD とは?パッケージと付属品を紹介

サイズ 縦93mm × 横24mm × 厚さ10mm
バッテリー容量 500mAh
最大出力電力 9w
抵抗値 1.2Ω
リキッド容量 1.8ml
カラー シルバー / ブラック
税込み価格 2,480円

GLIM POD(グリム ポッド)は、大手企業のINNOKIN(イノキン)社が販売するPOD型VAPEです。

INNOKIN(イノキン)のロゴ

INNOKIN社は2011年に誕生したブランドで、「人々がより良い生活を送るためのツールやガイダンスを提供すること」を目標としています。

中国の深センで製造しており、品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO 9001」など、世界レベルの品質を確保しています。

INNOKIN GLIM PODの外観と付属品

GLIM PODの内容物
・GLIM PODバッテリー本体
・PODカートリッジ × 2
・USBケーブル
・説明書(英語)
・警告カード

INNOKIN社の GLIM POD(グリムポッド)の長さは、手のひらにスッポリ収まる「93mm」のコンパクトサイズ。ライターくらいの大きさです。

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)の本体

全体的に丸みをおびたカワイイ&カッコいい見た目で、未来感あふれる流線形のフォルムがたまらないです。

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)の背面

そして1番の特徴は厚みがないこと。測ったところ、厚さは約「1cm」でした。ポケットに入れてもかさばらず、持ち運びに困ることはありません。

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)の側面

またPOD型VAPEなので、タンクやコイルは「POD(カートリッジ)」にまとめられています。コイルを交換する手間がないので便利。下がPOD(カートリッジ)です。

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)のカートリッジ

裏側にリキッド注入口があります。これが便利な形で、フタを開閉するタイプではなく、ノズルを押し込んで注入するタイプなんです。

カートリッジの注入口

この便利な注入口のおかげで、リキッド注入の作業をしても手が汚れません。フタを指で開ける必要がないので。

リキッドを注入する画像

この仕組みは、全VAPEに採用してほしいレベルで便利。コンパクトで「携帯性」に優れるだけでなく、リキッド注入で手が汚れない「実用性」も兼ね備えています。

INNOKIN GLIM PODの使い方

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)の取扱説明書

使い方は「吸うだけ」なので説明書も簡略化されています。さらに日本語での説明もなかったので、僕ら「ベイプ調査団」で分かりやすく解説します。

STEP.1
必要なものを用意
左がINNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)で、右は「りきっどや」のVAPE用リキッド(みかん極フレーバー)です。INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)とリキッド
STEP.2
PODを取り外す
INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)
STEP.3
リキッドを注入する
リキッドの注入
注意
初めてリキッドを入れる場合は、10分ほど染み込ませてから吸います。コイルの空焚きを防ぐためです。ちなみに2回目以降はリキッド注入後すぐ吸ってOK。
STEP.4
バッテリーと合体する
カチッとハマる感触がしたらOK。POD型カートリッジとバッテリー本体を合体
STEP.5
あとは吸うだけ
オートパフ機能」が搭載されているため、ボタン操作はありません。吸うだけで蒸気が発生します。
オートパフ機能とは?
ボタンを押さずに蒸気を吸える機能です。吸う(パフする)とオートで電源が入るため、使い方は「吸うだけ」カンタン。

✓バッテリーの充電方法

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)と充電コード

バッテリーの充電は、Andoroidスマホで多く採用されている「micro USB」タイプです。

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)に充電コードを差した画像

バッテリー本体の側面に差し込み口が備わっているため、本体に直接差します。バッテリー残量は色で直感的に分かる仕様です。

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)のバッテリー残量は光の色で直感的に分かる

バッテリー残量3段階
:0~20% :20~60% :60~100%

実際に吸ってみた感想

基本的なスペックはどれも「最高」ではなく、普通に使うには「問題ない」という印象でした。

✓味の濃さ

味はしっかり濃く出ます。ラクちんなPOD型でここまで味が出れば言うことないです。

✓空気抵抗

吸うときの空気抵抗は、重すぎず軽すぎず、特に気になる点はなし。口にためて肺に入れる「タバコ吸い」はもちろんのこと、個人的には肺に直接入れる「Direct Lung」の吸い方でもいけました。

✓オートパフの反応

吸って電源が入る「オートパフ」の反応ですが、軽く吸って反応してくれます。頑張って吸う必要なし。


ボンビー

超スリムボディで、スペックも悪くない良品。しかも本体価格は2,480円です。POD型で3,000円を切るのは珍しいですし、この値段でこのスペックか!と驚いたくらい、値段のわりにクオリティは高かったです。

ボタン操作なし、リキッド入れてただ吸うだけと、使い方はめちゃめちゃ簡単。「VAPE初めて買います!おすすめ何ですか?」という人の入門機にピッタリです。最初の1台にはおすすめ。

また3,000円を下回り、2,480円と低価格なのに決して悪くないスペックです。スリム&コンパクトなので、家ではゴツいVAPEを吸って、出かける時のサブVAPEとしても優秀かなと。


普通のVAPEとココが違う!INNOKIN GLIM POD の特徴は3つ

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)

ずば抜けたスペックではありませんが「INNOKIN GLIM POD」は、低価格で悪いところが少ないVAPEです。

2,480円でこのスペックならかなり満足ですが、イマイチな点も1つだけ挙げます。

INNOKIN GLIM PODの特徴
・✕:POD(カートリッジ)が1種類しかない
・◯:リキッドの注入で手が汚れない
・◯:スリムで軽いのにバッテリー容量500mAh

まずイマイチな点から。

✕:POD(カートリッジ)が1種類しかない

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)のPOD型カートリッジ

「INNOKIN GLIM POD」には、抵抗値が「1.2Ω」のPOD(カートリッジ)しかありません。

2種類の抵抗値が用意されていると、リラックスして吸いたい時や、ガッツリ吸いたい時など、その時々の気分で使い分けができます。

なので「たまに軽く吸いたい時がある…」という人には、POD(カートリッジ)が1種類しかない点がイマイチかなと。

ボンビー

しかしイマイチな点はこれくらい。スリムでコンパクトなサイズ感とボタン操作が不要というお手軽さ、それでいて2,480円とお手ごろ価格…。ぼく的お気に入りTOP5にランクインです。

◯:リキッドの注入で手が汚れない

ふつうのPOD型VAPEは「ゴムプラグ」で注入口をふさぐタイプがほとんど。そのためリキッド注入のたびに指で「開ける・閉める」をする必要があります。

下記は別VAPEの「Aspire AVP CUVE(タップでレビュー記事へ飛ぶ)」です。

Aspire AVP CUBEはリキッド注入口がゴムプラグ

しかし「INNOKIN GLIM POD」は特殊な形をしており、ノズルを押し込んでリキッドを注入します。

STEP.1
特殊な形状の注入口
INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)カートリッジの注入口
STEP.2
ノズルを押し込んで注入
INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)にリキッドを注入する

フタを開閉する必要がないので、手が汚れません。

ボンビー

ゴムプラグが濡れてたりと、普通のリキッド注入は手が汚れるもの。しかし「INNOKIN GLIM POD」なら問題なし。地味だけど、手が汚れないのはマジで嬉しい。この仕組みを思いついた人に感謝、圧倒的感謝。

◯:スリムで軽いのにバッテリー容量500mAh

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)の側面

POD型VAPEと比べてみます。同じくらいの価格帯での比較です。

バッテリー容量 税込価格
ZQ XTal KIT 520mAh 3,278円
Caliburn KOKO 520mAh 3,880円
INNOKIN GLIM 500mAh 2,480円
Eleaf IORE LITE 350mAh 1,480円

値段に対してのスペックは「INNOKIN GLIM POD」が優秀だと分かります。

ボンビー

ぶっちゃけ500mAhあれば十分に1日もちます。もし350mAhだったら1日もつか微妙…といった具合ですね。実際に「INNOKIN GLIM POD」を使っていますが、1日の中でバッテリーが切れることはありませんでした。

INNOKIN GLIM POD の口コミと評判を調べてみた

INNOKIN GLIM

INNOKIN GLIM PODの口コミと評判を紹介します。

購入した人のリアルな口コミ

2台目の電子タバコ購入です。コンパクトで持ち歩きやすいものを求めて購入しましたが、
想像以上に薄型で、コンパクトすぎてなくしそうです笑 見た目もシンプルでおしゃれなので、使うシーンを選ばない点も非常に気に入っています!!(引用:ベプログ-GLIM PODのレビュー

ベイプ調査団の感想

みかげまる

「INNOKIN GLIM POD」は決してハイスペックなVAPEではありません。ただし値段のわりに味も出るし、軽くない吸いごたえが味わえる「コスパの良いVAPE」です。僕がよく使う1軍のVAPE(¥10,000over)と比べると劣るスペックではありますが、この価格でこの味・吸いごたえ・手軽さは大アリかなと。出かけるときの持ち歩き用にはピッタリです。

ジュネス

個人的に気に入っているポイントは「特殊な形状のリキッド注入口」です。ほとんどのベイプはゴムプラグを開閉するタイプで、どうしても劣化で液漏れしてしまうんですよね。でも「INNOKIN GLIM POD」はノズルを押し込むタイプで液漏れもない。値段の安さに見合わず、機能性抜群のベイプでした。

ひさまる

ベイプを買うときって、やっぱり価格が重要です。できるだけ低価格で性能も悪くないベイプをGETしたら嬉しい。そんな意味で「INNOKIN GLIM」は優秀ですね。初めてVAPEを買う人で「いきなり高級なVAPEはビビる…まずは手頃なやつから使いたい!」という人に使ってみて欲しいです。

シュライク

いま僕は「INNOKIN GLIM POD」で減煙に取り組んでいます。かなりヘビースモーカーだったのですが、まずは夜の時間をベイプに置き換えるために購入しました。リキッドの注入が簡単で初ベイプだったのに簡単に扱えた点が、いまも使い続けられる理由かなと思っています。

購入前に知っておきたい!INNOKIN GLIM POD のよくある質問5つ

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)と付属品

よくある質問
・1.カートリッジの交換時期はいつ?
・2.使ってる途中で液漏れしない?
・3.バッテリーの寿命はどれくらい?
・4.手入れやメンテナンスは必要ない?
・5.どこで売ってる?購入方法も教えて

1.カートリッジの交換時期はいつ?

付属されている「交換カートリッジ」ですが、味や香りが焦げっぽくなったら交換してください。

正確な数字は使用頻度によって変わってきますが、一般的には「1ヶ月ほど」と言われています。

たまに「残ったリキッドがもったいない」という声を聞きますが、そのまま使い続けると体にも良くないです。サクッと交換しましょう。

» 交換用カートリッジはこちら

2.使ってる途中で液漏れしない?

使い始めてから3週間ほど経ちました。今のところ液漏れはしていません。

PODは1ヶ月くらいで交換しますから、そのたびにゴム部分も新品になります。おそらく液漏れすることは一生ないかなと。

3.バッテリーの寿命はどれくらい?

これも使い方によって変わってきますが、「半年~1年」ほどが一般的なバッテリーの寿命です。

充電切れまでの時間は?

ボンビー

バッテリー満タンから、連続運転で(740秒)もつと計算されます。1吸い3秒とすると「約246回」もつ計算です。理想的な回数なので、実際には150回~200回くらいかな。1日5,6回のベイプ休憩、1休憩で20回ほど吸っても、余裕で1日もちます。

つまり毎晩バッテリーを充電していれば、1日の中で充電が切れることは、まずありません。

むしろこれ以上のバッテリー容量があってもムダじゃないかなと。どうせ毎晩に充電しますからね。

4.手入れやメンテナンスは必要ない?

必要ありません。POD型ベイプを使うメリットは、面倒な手入れやメンテナンスが不要なこと。

必要な作業は、PODと呼ばれるカートリッジ部分を付け替えるだけの簡単1ステップだけです。

5.どこで売ってる?おトクな購入方法はある?

30日間の保証がある「ベプログ」がおすすめです。楽天だと値段は変わらず、ベプログの保証はありません。

STEP.1
ベプログへアクセスする
ベプログへアクセス
STEP.2
商品をカートに入れる
カートに入れる
STEP.3
カート画面へ進む
カートの画面へ進む
STEP.4
商品を追加
ベプログは3,000円以上の買い物で送料が無料になります。そのため「INNOKIN GLIM POD」単品の購入だと、送料500円が追加されます。

単品購入だと送料500円

送料0円にしたい場合は2通りの方法があり、1つは下記のように「専用交換POD:1,280円」を一緒に購入すること。

交換PODを追加購入すると送料無料

もう1つの方法は、下記のように「リキッド」を購入することです。リキッドは、最も有名で最もお手ごろ価格な「りきっどや」がおすすめ。

リキッドを追加購入すると送料無料

「Amazon」に登録しているメールアドレスに、確認用コードが送られてきます。確認用コードを下記に打ち込んでください。

amazon payの手順1

続行」をクリックすると支払いが完了します。

amazon payの手順2

STEP.5
会員登録して購入
ポイント還元を受けるなら「新規会員登録」を、ポイントが不要なら「ゲスト購入」を選びます。新規会員登録かゲスト購入か選ぶ

会員登録せず、ゲスト購入する人は「STEP.6」まで飛ばしてください。

無料で会員登録する手順.1
必要事項を入力する
会員情報の登録画面
無料で会員登録する手順.2
内容を確認して会員登録
登録情報の確認
無料で会員登録する手順.3
仮登録が完了
無料で会員登録する手順.4
メールのURLから本登録する
仮登録が完了すると、登録したメールアドレスにメールのURLをクリック
無料で会員登録する手順.5
本登録が完了
以下の画面が表示されたら本登録は完了です。「カートへ進む」から先ほどの注文に戻りましょう。本登録が完了したのでカートへ進む
STEP.6
商品を確認する

ここでも3つのパターンをそれぞれ掲載しておきます。

1.GLIM POD 単品(送料550円) 2,980円
2.GLIM POD+交換POD(送料無料) 3,760円
3.GLIM POD+リキッド(送料無料) 3,360円

INNOKIN GLIM POD単品の場合、送料がかかる

追加で交換PODを購入すると送料無料

追加でリキッドを購入すると送料無料

STEP.7
配送オプションと支払い方法を選ぶ
お届け日やお届け時間と、支払い方法を選びます。選んだら「確認する」で次の画面へ。配送オプションと支払い方法を選ぶ
STEP.8
注文内容を確認後、注文を確定する
配送オプションや支払い方法を確認したら、最後に「注文する」で注文を完了しましょう。注文を確定する

以上で完了です。画面に従うだけの操作だったので、3分もかかりませんでした。

<INNOKIN GLIM PODはこちら>


まとめ:INNOKIN GLIM POD でスタイリッシュなVAPEライフを楽しもう

INNOKIN GLIM POD(イノキングリムポッド)の画像

サイズ 縦93mm × 横24mm × 厚さ10mm
バッテリー容量 500mAh
最大出力電力 9w
抵抗値 1.2Ω
リキッド容量 1.8ml
カラー シルバー / ブラック
INNOKIN GLIM PODの特徴
・✕:POD(カートリッジ)が1種類しかない
・◯:リキッドの注入で手が汚れない
・◯:スリムで軽いのにバッテリー容量500mAh

今回は、INNOKIN社の「GLIM POD」を使ってみました。

味も薄くないし、吸いごたえもあるし、軽く吸ってオートパフしてくれる…。総評としては、価格が安いのに悪くないスペックで「コスパの良いベイプ」だなといった印象です。

お値段以上の使い心地を味わえたので、INNOKIN GLIM PODは十分に満足いく一品でした。

低価格なので初ベイプのお試しにはもってこいですし、すでにベイプを持っている人のサブ機としても優秀です。

ボンビー

気になる方だけ使ってみると良いかなと。以上、ベイプ調査団の「ボンビー」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA