ヤーズの効果は月経困難症の改善!子宮内膜症やPMSにも有効

公開日
2019.3.25
更新日

これからヤーズを飲み始めるみんな~~!今日はこのわたしB子が、ヤーズの効果についてバッチリ教えちゃうよ!

あら、B子ちゃん。今日は珍しく先生役なのね。

こう見えて、私もヤーズユーザーの端くれですからね!月経困難症や子宮内膜症、PMSなどでひどい腹痛に苦しめられている女の子たちのためにも、今回は私がヤーズの素晴らしさについてレクチャーしちゃいます!

頼もしいことね。それじゃあ早速、ヤーズの効果の何たるかについて教えてもらいましょうか。

ヤーズは月経困難症の症状を軽減する!

ヤーズで月経困難症の症状が軽減して喜ぶ女性のイメージ画像

ヤーズには、月経困難症の症状を軽減してくれる効果があります

月経困難症とは、日常生活に支障をきたすほどの重い生理痛があらわれる症状のことです。腹痛や腰痛にくわえ、吐き気や頭痛が起こることもあります。

月経困難症には2つの種類がある

月経困難症に苦しむ女性のイメージ画像

月経困難症には、以下の2種類があります。

月経困難症の種類
  1. 器質性月経困難症
  2. 機能性月経困難症

それぞれの月経困難症について、簡単に紹介します。

器質性月経困難症

器質性月経困難症とは、子宮内膜症や子宮筋腫といった、病気が原因で起こる月経困難症です。器質性月経困難症の場合は、原因となる病気を治療すれば、症状が軽くなります。

機能性月経困難症

機能性月経困難症は、明らかな原因となる病気がない場合に起こる月経困難症のことです。

妊娠しなかった場合、子宮内膜に、痛み成分であるプロスタグランジンが分泌されます。プロスタグランジンは、子宮を収縮させ、子宮内膜を体外へ排出させる働きを持っています。しかし、過剰に分泌されると、子宮の収縮が強まりすぎてしまい、結果としてひどい生理痛が引き起こされるのです。

ヤーズは、器質性月経困難症の原因となる病気を直接、治療することはできません。しかし、器質性月経困難症、機能性月経困難症ともに、起こる不快症状を和らげることはできます

ヤーズが月経困難症に効く理由

ヤーズが月経困難症に効く理由

ヤーズが月経困難症の治療に役立つ理由は、含まれるホルモンにあります。

ヤーズには、エチニルエストラジオールという卵胞ホルモンと、ドロスピレノンという黄体ホルモンの、2つの成分が含まれています。

このうち、ドロスピレノンには、排卵をおさえたり、子宮内膜が厚くなるのを防いだりする効果があります。これにより、痛み成分であるプロスタグランジンの分泌がおさえられるのです。

プロスタグランジンは、子宮内膜から分泌されるホルモンです。子宮内膜が厚くなっていればいるほど、プロスタグランジンは多量に分泌されます。しかし、ドロスピレノンによって子宮内膜が厚くなっていなければ、プロスタグランジンが過剰に分泌されることもありません。痛み成分であるプロスタグランジンの分泌をおさえられることで、生理痛の痛みも軽減されるのです。生理痛だけでなく、腰痛や頭痛といった症状も改善されます。

ヤーズに含まれるもう1つの成分、エチニルエストラジオールには、不正出血を起きにくくする作用があるんだよ!

ヤーズは子宮内膜症にも効果アリ

ヤーズで子宮内膜症の症状が改善した女性のイメージ画像

ヤーズは、月経困難症だけでなく、子宮内膜症の改善にも役立ちます

ここからは、ヤーズと子宮内膜症の関係について見ていきましょう。

子宮内膜症って?

子宮内膜症に苦しむ女性のイメージ画像

子宮内膜症とは、本来なら子宮の内側にだけできるはずの子宮内膜が、子宮の内側以外の場所にもできてしまう病気です。具体的には、卵管や卵巣、ダグラス窩(だぐらすか)に子宮内膜ができてしまうことが多いです。

子宮の内側以外にできた内膜も、通常の子宮内膜と同じように、増殖したり出血したりしてしまいます。しかし、子宮の内側以外にできた内膜は、体外に排出することができません。排出されない内膜は、身体の中で炎症を起こし、重い生理痛を引き起こす原因となるのです。

こんな人は子宮内膜症の可能性が…!

毎回、生理痛がひどい場合は、子宮内膜症の可能性があります。以下に、子宮内膜症のチェックリストを作りました。自分が当てはまるかどうか、確認してみましょう。

子宮内膜症の症状チェック
  • 年齢を重ねるごとに生理痛がひどくなっている
  • 鎮痛剤を飲んでも生理痛が治まらない
  • 生理以外の時も下腹部が痛い
  • 排便する時、肛門の奥が痛い

上のチェックリストに当てはまる人は、子宮内膜症を発症しているかもしれません。念のため、医師に診てもらったほうがよいでしょう。

ヤーズを飲むと子宮内膜の増殖がおさえられる

ヤーズを飲んで子宮内膜症の症状が改善した女性のイメージ画像

ヤーズを飲むと、排卵が抑制され、子宮内膜の生成がおさえられます。この働きによって、子宮の内側以外に子宮内膜ができるのを防ぎます。

また、子宮の内側にできる内膜も、ヤーズのドロスピレノンという成分のおかげで、厚くなりすぎずに済みます。そのため、休薬期間に起こる消退出血は、少量の出血で済み、腹痛もひどくなりません

子宮内膜症は、放置してしまうと子宮体がんの原因にもなります。子宮内膜症を改善するためにヤーズを服用することは、結果として子宮体がんの予防にもつながるのです。

ヤーズはPMSも和らげる

ヤーズでPMSの症状が和らいだ女性のイメージ画像

ヤーズは、月経前症候群「PMS」を改善する効果もあります

ここからは、ヤーズとPMSの関わりについて紹介します。

PMSって?

PMSの症状に苦しむ女性のイメージ画像

PMSとは、生理が始まる前に起こる、身体的・精神的な不快症状です。生理が始まる1週間から2週間前に、以下のような症状があらわれます。

PMSの身体的な症状
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 関節痛
  • 胸の張り
  • むくみ、体重増加
PMSの精神的な症状
  • 情緒不安定
  • イライラ
  • うつ
  • 不安感
  • 集中力の低下

上のリストにある症状に当てはまる人は、PMSの可能性が高いです。

PMSの原因

PMSの原因について、詳しいことは分かっていません。考えられる原因は、生理前によるホルモンバランスの乱れです。

生理前になると、黄体ホルモンが多く分泌されます。黄体ホルモンは、頭痛や腹痛、イライラといった、不快な症状を引き起こす成分です。生理前に、この黄体ホルモンが過剰に分泌されることで、PMSが起こるのではないかと考えられています。

黄体ホルモンが増えるのと反比例して、精神を安定させる「セロトニン」って物質が減っちゃうのも、原因の一つらしいの!

ヤーズでPMSを緩和!

ヤーズでOMSの症状が和らいだ女性のイメージ画像

ヤーズを服用すると、PMSで起こる不快な症状が緩和されます

ピルを飲んでいる時と飲んでいない時では、飲んでいる時の方が女性ホルモンの量が安定します。これは、ピルによって体内のホルモン量が調節されているからです。

PMSは、生理前に起こるホルモンバランスの乱れが原因となって起こると考えられています。そのため、ピルを飲んでホルモンバランスを安定させれば、PMSの不快な症状をおさえられるのです。

PMSの場合、「お腹が痛くてイライラする」という、身体的な症状と精神的な症状が絡み合い、負のスパイラルに入ってしまうこともありますよね。しかし、ヤーズを服用すると、腹痛の原因となる子宮内膜が増えないので、ひどい腹痛が起こりません。

身体的な症状が起こらないことで、イライラなんかの精神的な症状も自然とよくなっていくよ!

ヤーズにも避妊効果がある?

ヤーズにも避妊効果があるのか考える女性のイメージ画像

月経困難症の治療薬として承認されているヤーズですが、他のピルと同じように、避妊効果はあるのでしょうか?

結論から言うと、ヤーズにも避妊効果はあります

ヤーズも他のピルと同じく、排卵をおさえる効果を持っているため、ヤーズを正しく飲んでいる間は、妊娠できない状態となります。

ただし、飲み始めの1週間はまだ血中のホルモン濃度が安定していないため、必ずコンドームなど他の避妊法と併用してください。

ヤーズはあくまで月経困難症の治療薬!

ヤーズはあくまで月経困難症の治療薬

他のピルと同じく、避妊効果はあるものの、ヤーズはあくまで月経困難症の治療薬です。海外では避妊薬として承認されているヤーズですが、日本ではまだ未承認です。そのため、クリニックでも避妊が目的の場合、ヤーズが処方されることはありません。

他のピルより避妊効果が劣るわけではありませんが、「避妊がしたい」という理由でヤーズを選ぶのは避けてください

避妊が目的の場合は、トリキュラーやマーベロンとかを選んでね!

まとめ

ヤーズは、月経困難症の治療に使われる、超低用量ピルです。また、子宮内膜症や、PMSの症状を和らげる目的でも使われます。

ヤーズには、排卵をおさえたり、子宮内膜が厚くなるのを防いだりする効果があります。そのため、月経困難症や子宮内膜症、PMSで起こる生理痛・腹痛が大幅に軽減されます

他のピルと同じように、ヤーズにも避妊効果があります。ただし、ヤーズの避妊効果は、まだ日本では承認されていません。ヤーズはあくまで、月経困難症や子宮内膜症、PMSの症状を軽減する目的で服用してください。

参考文献・参考サイト

ヤーズの効果は月経困難症の改善!子宮内膜症やPMSにも有効は、以下のサイトや資料を参考に作成しました。